ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

教えてお洗濯マイスター、蛍光剤が配合されていない洗剤って何が違うの?

教えてお洗濯マイスター、蛍光剤(蛍光増白剤)が配合されていない(無配合) 洗剤って何が違うの?

お洗濯洗剤には「蛍光剤(蛍光増白剤)」が、配合されている洗剤と、配合されていない(無配合)洗剤があるのはご存知ですか? そもそも、「蛍光剤って何?」という方も多いかと思います。今回は、知っているようで知らない「蛍光剤」について、ライオン お洗濯マイスターが解説します。洗剤の選び方を知れば、衣類の色合いキープに役立ちますよ。

蛍光剤が配合された洗剤。使用する際の注意点は?

ライオン お洗濯マイスター 山縣 義文(やまがた よしふみ)

ライオン お洗濯マイスター 山縣 義文(やまがた よしふみ)

Q.まずは、蛍光剤について教えてください。

A.蛍光剤は、衣類を白く仕上げるために使われる染料の一種です。
その性質により、蛍光剤処理されたセンイは、日光のような紫外線を含む光が当たると蛍光(青色の光)を発します。肉眼では、輝くような白さとして感じられます。

Q.染料なんですね! でも、どうして染料である蛍光剤を洗剤に配合するのですか?

A.白色の肌着やワイシャツなどの衣類の多くは、白さを増すために、あらかじめ蛍光剤で処理されて製品化されます。しかし、蛍光剤処理された衣類は、日光による劣化や、お洗濯の繰り返しによる脱落により、元の白さが失われてきます。
そこで、洗剤に蛍光剤を配合することにより、失われる蛍光剤を補い、衣類の白さを維持するのが目的です。

Q.蛍光剤を配合した洗剤を使用する際の、注意点はありますか?

A.蛍光剤処理の施していない衣類に使用すると、蛍光剤の付着により変色する恐れがあります。例えば、生成り(きなり)や淡色の綿、麻などの天然繊維(セルロース系)素材の衣類です。蛍光剤は衣類に白さを補うことから、淡い色合いの衣類では、白さが増すことによって、かえって色味が変わったように見えてしまうことがあります。このような素材のお洗濯には、蛍光剤の配合されていない洗剤の使用をおすすめします。

普段のお洗濯には蛍光剤の配合されていない洗剤が効率的

蛍光剤には、白い衣類をより白く見せる効果がある一方で、生成りや淡い色合いの衣類に使うと色を変化させてしまう恐れがあるんですね。

Q.注意が必要な衣類について、具体的に教えてください。

A.まずは、衣類の洗濯表示を確認してください。蛍光剤を配合した洗剤の使用について付記されている場合がありますので、使用の可否を判断しましょう。

洗濯表示に記載がなくても、生成りや淡い色の衣類には注意が必要です。特に、乳幼児の衣類には、淡い色や生成りの綿、麻などの天然繊維素材のものが多くあります。蛍光剤の付着による変色を防ぐためにも、蛍光剤の配合されていない洗剤の使用をおすすめします。

衣類の洗濯表示(イメージ)

衣類の洗濯表示(イメージ)

Q.蛍光剤の配合されていない洗剤を見分ける方法は?

A.洗剤のパッケージに記載がありますので、裏面も確認しましょう。例えば、製品のパッケージに「無けい光」マークがついているものが該当します。
以下の商品は蛍光剤の配合されていない洗剤です。

  • トップ スーパーNANOX(ナノックス)
  • トップ HYGIA(ハイジア)
  • トップ ハレタ
  • アクロン など

「無けい光」マークが目印(当社製品)

「無けい光」マークが目印(当社製品)

さまざまな衣類を一緒に洗濯機で洗う普段のお洗濯なら、蛍光剤の配合されていない洗剤を選ぶと、色柄ものを仕分ける手間が省けて、効率的にお洗濯ができそうですね。

このページのトップに戻る