ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

下着の型くずれを防ぐ、洗濯ネットの選び方と洗い方。お気に入りを長持ちさせるコツ

下着の型くずれを防ぐ、洗濯ネットの選び方と洗い方。お気に入りを長持ちさせるコツ

お気に入りの下着もお洗濯を繰り返していると、型くずれなどのダメージが気になってきますよね。「洗濯ネットに入れて洗っているのに……」と悩んでいませんか?

ブラジャーやブラトップの型くずれ、ショーツのレースのヨレ、ストッキングの伝線やタイツの毛玉など、下着のダメージを防ぐには、アイテムにあった洗濯ネット選びと、適切な洗い方が大切! 意外と知らない下着の洗い方をアイテムごとにご紹介します。

ブラジャー、ブラトップ、ショーツ、タイツ、下着別の洗濯ネットの選び方と洗い方

洗濯ネットを使い分け、適切な洗い方をしないと、お洗濯で下着にダメージを与える可能性があります。型くずれした下着は着心地が悪くなるばかりでなく、着用したときのスタイルにも大きく影響することに……。
アイテム別の正しい洗濯ネットの選び方と洗い方を覚えましょう。

ブラジャー

◆適切な洗い方
手洗いでやさしく洗うことがおすすめですが、洗濯機で洗う場合は、「ブラジャー用洗濯ネット(立体系)」に入れ、「手洗いコース」「ドライコース」「おしゃれ着コース」など弱水流コースでお洗濯します。洗濯ネットに入れる時は、パットをはずし、ブラジャーのホックをとめ、カップを重ねて二つ折り(カップのふくらみは片側に寄せる)にして入れるのが、型くずれを防ぐコツです。

ブラジャー用洗濯ネット

洗剤は、型くずれや色あせを防ぐ効果があるおしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。お洗濯後、形を整えてから、アンダーバストラインをピンチハンガーに挟んで吊るし、陰干しします。

ピンチハンガーに挟んで吊るす

<動画で洗い方をチェック>

<ブラジャーの詳しい洗い方>
洗濯機で型くずれしない洗い方⇒
手洗いでの洗い方⇒

 

◆専用ではない洗濯ネットを使用すると……
ワイシャツなどにも使用する平面状の洗濯ネットだと、他の洗濯物に押され、カップがつぶれたり、ワイヤーが変形したりすることに。

<標準コースでお洗濯したワイヤー入りブラジャー>

<標準コースでお洗濯したワイヤー入りブラジャー>

洗濯ネットに入れ、標準コースでタオルと一緒に5回洗濯したところ、購入時よりカップの高さが約1cm(ブラジャーパッド1枚分)低くなり、ワイヤーも変形してしまいました。

<標準コースでお洗濯したノンワイヤー入りブラジャー>

<標準コースでお洗濯したノンワイヤー入りブラジャー>

ノンワイヤーのブラジャーも安心はできません。洗濯ネットに入れても、標準コースでお洗濯すると、アンダーの幅が広がり、立体感がなくなってしまいました。
(※ともにライオン調べ)

これでは着用したときにキレイなバストラインは作れませんね。

では、「ブラジャー用洗濯ネット(立体系)」に入れれば、他の洗濯物と一緒に標準コースで洗っても大丈夫かというと……これも要注意! ブラジャーの形を保ちながら洗濯機で洗うには、「ブラジャー用洗濯ネット(立体系)」を使うこと、優しく洗い上げる弱水流コースを選ぶことが重要なポイントです。弱水流コースであれば、他の下着類も一緒に複数枚洗えます。

ブラトップ

◆適切な洗い方
洗濯機で洗う場合は、「ブラトップ用洗濯ネット(立体系)」に入れ、「手洗いコース」「ドライコース」「おしゃれ着コース」など弱水流コースでお洗濯します。

ブラトップ用洗濯ネット

洗剤は、型くずれや色あせを防ぐ効果のあるおしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。お洗濯後、カップの形を整えてハンガーにかけ、陰干しします。

カップの形を整えてハンガーにかける

<ブラトップの詳しい洗い方>
型くずれを防ぐたたみ方、汗臭ケアも紹介⇒

◆専用ではない洗濯ネットを使用すると……
ブラトップは普通のタンクトップのような感覚で着用するため、つい無造作にお洗濯しがちですね。

<標準コースでお洗濯したブラトップ(タンクトップタイプ)>

<標準コースでお洗濯したブラトップ(タンクトップタイプ)>

でも、「洗濯ネットを使用せず標準コース(写真左)」と、「ブラトップ用洗濯ネットを使用して弱水流コース(写真右)」で10回洗濯したときのカップの高さと広がりを比べたところ、前者は約1cm(ブラジャーパッド1枚分)バストトップが低くなっていました。お洗濯を重ねるごとにカップがつぶれてしまったのです。

また、弱水流コースでお洗濯しても、ブラトップ用ではない洗濯ネットを使用すると、バストトップが約0.5㎝低くなっていました。
ブラジャー同様、ブラトップも専用の洗濯ネットを使うこと、弱水流コースを選ぶことが大切です。
(※ともにライオン調べ)

ストッキング・タイツ

◆適切な洗い方
洗濯ネット(おすすめサイズは約20×20cm)1枚につき、1足ずつ入れ、洗濯機の「手洗いコース」「ドライコース」「おしゃれ着コース」など弱水流コースでお洗濯します。

洗剤は、毛玉防止効果のあるおしゃれ着用洗剤(アクロン)の使用がおすすめです。さらに、消臭・防臭効果のある柔軟剤(ソフラン プレミアム消臭)をプラスすれば気になるニオイの予防に効果的です。

なお、ストッキング・タイツに泥はねなどの汚れがついている場合は、おしゃれ着用洗剤の原液を汚れた部分に直接塗布し、洗剤をなじませてからお洗濯すると、汚れ落ちがよくなります。

洗濯後は、ウエスト部分をピンチハンガーに吊るして干します。直射日光はストッキング・タイツの繊維を痛める可能性があるので、陰干ししましょう。

◆間違った洗い方をすると……
ストッキングやタイツは伸縮性があるため、洗濯ネットに入れずにお洗濯すると他の洗濯物にからみ、伸び、毛玉、伝線の原因になることがあります。

また、1枚の洗濯ネットに何足もまとめて入れると、タイツ同士の重なる部分が多くなり、汚れ落ちが悪くなってしまいます。

ショーツ

◆適切な洗い方
レース素材のものや型くずれが気になるショーツは、手洗いがおすすめです。洗濯機で洗う場合は、洗濯ネット(おすすめサイズは約30×35cm)1枚につき、1枚ずつ入れ、「手洗いコース」「ドライコース」など弱水流コースでお洗濯します。

血液汚れがついた場合は、血液のついた部分をよく水で洗い流し、液体酸素系漂白剤(ブライトSTRONG)を塗り、洗濯機に入れてお洗濯しましょう。
<注意!>
血液汚れに直接漂白剤を塗布すると、血液ジミが変質して落ちにくくなります。必ず水でよくすすいでから液体酸素系漂白剤を塗布しましょう。

洗剤は、型くずれ防止効果のあるおしゃれ着用洗剤(アクロン)がおすすめです。洗濯後、ピンチハンガーにはき口のゴム部分を留めて吊るし、陰干しします。

サニタリーショーツやTバックなどもこの洗い方・干し方でOKです。

◆間違った洗い方をすると……
ショーツは洗濯ネットに入れずにお洗濯する人も多いのですが、他の洗濯物と一緒に揉まれると、デリケートなレース部分などがよれたり、型くずれしたりすることがあります。ショーツのデザインをキープするために、洗濯ネットに入れましょう。

ブラジャー、ブラトップ、ショーツはどこに干す? 下着類の部屋干しは風通しのいい場所で

ブラジャーやショーツなどの下着類は、人目につかない場所に干したいですね。そのため浴室に干す人も多いのですが、それはNG! 湿度が高い浴室に干すと、乾くまでの時間が長くなり、菌が増殖して生乾きのいやなニオイの原因になってしまいます。
室内でも、風通しのいい場所を選び干すようにしましょう。

薄着になるこれからの季節、スタイルアップのためにも下着の洗い方を見直してみませんか。
デリケートなブラジャーやブラトップ、タイツ・ストッキング、ショーツを形もデザインもキレイなままで長持ちさせるために、洗濯ネットを賢く使いこなしましょう!

このページのトップに戻る