ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

泥汚れもイヤなニオイもすっきり落ちる! 運動靴、スニーカーの洗い方

泥汚れもイヤなニオイもすっきり落ちる! 運動靴、スニーカーの洗い方

泥だらけの運動靴(スニーカー)は子どもが元気な証…とはいえ、どうしてここまで汚れるの?! ってくらい汚れた運動靴(スニーカー)、面倒で洗うのを先延ばしにしていませんか?

布製の靴であれば、普段お使いの衣料用洗剤で、手軽にジャブジャブ丸洗いできます。時間が経って落としにくくなる前に、汚れもニオイもすっきり落としてしまいましょう。

きれいな運動靴(スニーカー)でスポーツの秋を、家族みんなで楽しみたいですね!

専用の洗剤は不要。家にあるもので洗えます

用意するもの

・トップ スーパーNANOX(ナノックス)などの液体洗剤

・靴洗い用ブラシ(ズックブラシ、シューズブラシ)、スポンジ

・バケツや洗い桶などの容器

・メラミンスポンジ

まずは素材をチェック

布製、メッシュ素材であれば洗えます。天然皮革や合成皮革を使用した靴は洗えないので注意が必要です。

つけおきでゴシゴシ洗いも軽減。ニオイも解消!

1|泥やホコリを落とす

乾いた状態で、泥やホコリをブラシやスポンジで落としておきます。靴底も忘れずに。靴が濡れている場合は、乾いてからの方が落としやすいです。

靴紐や中敷きがあるタイプは、ここではずしておきます。

2|洗剤液につける

靴がつかる程度のぬるま湯(40度以下)をバケツなどに入れ、適量の液体洗剤を加えて洗剤液を作ります。トップ スーパーNANOX(ナノックス)を使用の場合、ぬるま湯5Lに対して5mlを目安に汚れ具合に応じて調整します。

洗剤液の中に靴、はずした靴紐や中敷きを入れて30分~2時間つけおきします。衣服と同様に、つけおきすることで泥汚れ、ニオイが落ちやすくなります。

<衣類のつけおき方法はこちら>

洗濯機にいれる前の水洗いは逆効果? 泥汚れのお洗濯は、最初が肝心⇒

部活のユニフォームの黄ばみ・ニオイは「つけおき洗い」でリセット!⇒

3|ブラシで洗う

つけおきが終わったら、靴の外側、内側、あれば中敷きをブラシでこすり洗いをします。メッシュ素材はブラシでこすると傷むので、スポンジなど柔らかいものを使用しましょう。靴紐は両手でこすり合わせると洗いやすいです。

靴底に使われているゴム部分は、ブラシで強くこすると傷んでしまうことも。そんな時におすすめなのがメラミンスポンジです。軽く水を含ませてゴム部分をこすれば、凸凹部分も簡単に汚れを落とせます。

※洗剤や洗剤液が目に入ったときには、こすらずすぐに水で十分洗い流してください。飲み込んだときにはすぐに水を飲んでください。

4|すすぎ

洗い終わったら、ブラシでこすりながらきれいな水で十分にすすぎます。

ニオイが気になるようであれば、仕上げすすぎに消臭・防臭効果のある柔軟剤を使いましょう。使用する量は、ソフラン プレミアム消臭プラスを使用の場合、水5Lに対して2mlが目安です。

5|干す

すすぎが終わったら、靴の形を整えてから陰干しにします。中までしっかり乾かしましょう。靴専用ハンガーや、肩の部分を曲げた針金ハンガーにつま先をかけて干すと、水切りが早いですよ。

毎日のニオイ対策には除菌・消臭スプレーが便利!

通学や部活に毎日履いている靴は、洗うタイミングが難しい場合もありますよね。汗をたっぷりかいた運動靴(スニーカー)からのイヤなニオイで玄関が臭い…となってしまう前に、布製品用の除菌・消臭スプレーを利用したケアがおすすめです。

HYGIA 除菌・消臭スプレーなどを靴の内側に軽く湿る程度にスプレーして、よく乾かしておきます。簡単なので、日頃から習慣にしてニオイをおさえましょう。

このページのトップに戻る