ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

寝具も衣替え。夏布団、タオルケット、敷きパッドの洗い方&干し方

寝具も衣替え。夏布団、タオルケット、敷きパッドの洗い方&干し方

秋のお彼岸も明けて、朝晩に肌寒さを感じるようになると寝具類も衣替えの時期。秋晴れの日を狙って、夏にたっぷりと汗を吸った夏布団(夏掛け、肌掛け)やタオルケット、敷きパッドの「しまい洗い」をしましょう。長期収納で発生しがちな黄ばみやニオイをおさえる方法、かさばる寝具の乾かし方もご紹介します。

洗い方と使用する洗剤は、洗濯表示で確認を!

はじめに洗濯表示(絵表示)と、タグの裏面などに記載されている注意書きを確認します。洗剤は、厚手の寝具類にもさっとしみ込みすすぎやすい液体洗剤がおすすめです。

<洗い方の見方>

洗い方の見方 〇家庭で洗えます

〇家庭で洗えます

洗い方の見方 ×家庭では洗えません

×家庭では洗えません

<おすすめの洗剤の見方>

トップ スーパーNANOX(ナノックス)などの一般衣料用洗剤がおすすめ

トップ スーパーNANOX(ナノックス)などの一般衣料用洗剤がおすすめ

アクロンなどのおしゃれ着用洗剤がおすすめ

アクロンなどのおしゃれ着用洗剤がおすすめ

洗剤には漂白剤入りのものがあります。下記の記号(漂白処理ができない)がついている場合は「漂白剤入りの洗剤」は使用できませんので注意が必要です。

(漂白処理ができない)がついている場合は「漂白剤入りの洗剤」は使用できません

※洗濯表示は2016年12月1日に改定されました。詳しくは
難しくない!新しい洗濯表示(洗濯マーク)を覚えて上手にお洗濯⇒

長期収納中の黄ばみやニオイを予防するには?

黄ばみやニオイの主な原因は、就寝中にしみ込んだ「汗」や「皮脂汚れ」です。しっかり落として黄ばみやニオイを予防しましょう。シーズン中に蓄積してしまった汗や皮脂汚れは、前処理をしておくと落ちやすくなります。
前処理をする前に、寝具類は乾いた状態で物干し竿などにかけて、布団たたきで軽くたたき、ホコリなどの汚れを落としておきます。

<前処理の手順>

1.洗剤液を洗面器で作る

・トップ スーパーNANOX(ナノックス)使用の場合 → 水5Lに対して2ml弱が目安

・アクロン使用の場合 → 水4Lに対して10mlが目安

1.洗剤液を洗面器で作る

2.スポンジで洗剤液を汚れになじませる

2.スポンジで洗剤液を汚れになじませる

お風呂場や洗面台に寝具と洗剤液を用意します。やわらかいスポンジに洗剤液を含ませ、汚れが目立つ部分や、肌が触れる首周りなど汗や皮脂汚れがつきやすい部分に洗剤液をなじませます。生地を傷めてしまうので、スポンジのかたい面でこすらないように注意しましょう。

※手が荒れやすい方は、炊事用手袋の使用をおすすめします。

3.軽く脱水する

水がたれないように、軽く絞っておきます。(この時点ですすぎの必要はありません。)

洗濯機を使った大洗濯。仕上げに差がでるポイントは?

汚れが落ちやすいたたみ方や洗濯槽への入れ方など、ポイントをおさえるとよりきれいに洗い上げることができます。

1.大きめの洗濯ネットに入れる

1.大きめの洗濯ネットに入れる

まず、寝具類を洗濯ネットのサイズに合わせてたたみます。汚れている部分が外側になるようジャバラに折りたたんでから、端からロール状に丸めます。

ロール状に丸めたら、洗濯ネットにいれます。

ロール状に丸めたら、洗濯ネットにいれます。

洗濯機によっては、洗濯ネットではなく専用の洗濯キャップを使うものもあります。お使いの洗濯機の取扱い説明書を見て確認しましょう。

2.洗濯槽に入れる

首周りなど直接肌に触れて汚れた部分を下側にして洗濯槽に入れます。

3.洗剤をセットする

洗濯機の「毛布」または「大物洗い」コースを選び、洗剤投入口に洗剤を標準使用量セットします。気になる汚れがある場合は、ブライトWなど液体酸素系漂白剤も使用します。また、ソフラン プレミアム消臭プラスのように消臭や防臭効果のある柔軟剤を使用すると、肌触り良く仕上がるだけでなく、イヤなニオイがつきにくくなるのでおすすめです。使用する場合は、それぞれの投入口にセットしましょう。

洗剤をセットしたら、スタートボタンを押して水をためます。

4.水がたまったら、一時停止

4.水がたまったら、一時停止

夏布団や敷きパッドは水に浮きやすいので、水がたまったら一時停止し、両手で5~6回程しっかりと押し沈めてから洗濯を開始します。

※手が荒れやすい方は、炊事用手袋の使用をおすすめします。

洗濯機に入らない場合は…

洗濯機にタオルケットや敷きパッドが入らない場合は、浴槽などを使って「足踏み洗い」をしましょう。詳しくは、
「布団・こたつ布団」の上手なお洗濯方法⇒

【要注意!】足踏み洗いをする時は、必ず壁や手すりなどにつかまって、転んだり滑ったりしないように注意してください。

しっかり早く乾かすには干し方が大切

脱水後はできるだけ早く干しましょう。かさばる寝具は、早くしっかり乾かしたいですよね。おすすめの干し方を紹介します。

屋外などスペースがとれる場合は、物干し竿を2本使った「M字干し」がおすすめです

屋外などスペースがとれる場合は、物干し竿を2本使った「M字干し」がおすすめです。

ピンチハンガーを使った「ジグザグ干し」(写真左)や、ハンガーで隙間広げて竿に干す(写真右)のがおすすめです

スペースがあまりとれない場合は、ピンチハンガーを使った「ジグザグ干し」(写真左)や、ハンガーで隙間広げて竿に干す(写真右)のがおすすめです。室内であれば、扇風機で風を当てると早く乾きます。

このページのトップに戻る