ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

面倒なお洗濯を効率化! 家事スケジュールに組み込みやすい、生活にあったお洗濯スタイルって?

公開日 2018/11/14

面倒なお洗濯を効率化! 家事スケジュールに組み込みやすい、生活にあったお洗濯スタイルって?

仕事や育児、趣味などに日々忙しいと、家事こそ効率的に進めたいですよね。平日はもちろん、週末まで見込んでスケジュールを立て、家事をやりくりしているご家庭も多いと思います。中でもお洗濯は「洗う・干す・取り込む・たたむ」と作業工程が多く時間もかかるので、どこに組み込むかは家事全般の効率化のキーとなりそうです。実際に、既婚女性の約8割が「お洗濯」を軸に家事スケジュールを組み立てているというアンケート結果も出ています。

※2018年当社調べ

天候の影響を受けやすいお洗濯を、いかに滞らせずにスムーズに進めるか……。まずは、いまの生活にあったお洗濯スタイルの見直しをしてみませんか? 気になる洗濯物の乾き上がりをアップするコツもご紹介します。

「朝洗濯、外干し」のこだわりがお洗濯を面倒にする?

ここ数年の共働き世帯の増加は、お洗濯のタイミングや干し方を多様化させています。「朝洗濯、外干し」という固定観念にとらわれない、生活にあったお洗濯スタイルを選ぶことは、自分の時間を大切にしたい現代のライフスタイルでは普通のことになりつつあるようです。

<例えば、こんなお洗濯スタイル!>

共働きで、朝の時間に余裕が欲しい
「夜洗濯、部屋干し」
共働きで、朝の時間に余裕が欲しい⇒ 「夜洗濯、部屋干し」
帰宅時間が遅く、急な雨も心配
「朝洗濯、部屋干し」
「朝洗濯、部屋干し」
乾燥までおまかせで、いつでもお洗濯
「全工程、洗濯乾燥機」
「全工程、洗濯乾燥機」
外干しはしたくないけど、部屋はすっきりさせたい
「浴室乾燥」
「浴室乾燥」

洗う物や家事スケジュールに応じてお洗濯スタイルを使い分ければ、家事全般の時短や効率化にもつながります。衣類乾燥機や除湿機など、室内干しでも快適に洗濯物を乾かせる家電を上手に利用するのもいいですね。

晴れた日に外干しした洗濯物は、理想の乾き上がり

その一方で、アンケートによると約9割の人が洗濯物は晴れた日に外干ししたいと回答しました。その理由は「しっかり乾かしたい」「好きな触感に仕上がる」など、晴れた日の乾き上がりを求める人が多いことも分かりました。

※2018年当社調べ

晴れた日の乾き上がりとは、太陽の熱でセンイ内の空気が膨らみ、そこに風が吹いて、くっついていたセンイがほぐれ、立ち上がった状態。曇りの日や夜間の部屋干しなど、太陽の熱も風もない状態では、センイがくっついたまま乾いて、触感もゴワッと薄い感じに仕上がってしまうのです。

<晴れた日の乾き上がり>とは?

※タオルのパイルでのイメージ

<晴れた日の乾き上がり>とは?

夜洗濯や部屋干しでも、カラッと乾いてふっくら仕上がるコツ

お洗濯スタイルに関わらず、理想の乾き上がりにするためのコツをご紹介します。

1.「仕上がり」で洗濯洗剤を選ぶ

洗濯物の仕上がりに洗濯洗剤は関係ない、と思われる方も多いと思いますが、洗うだけで理想の仕上がりになる新ジャンルの洗濯洗剤も発売されています。「トップ ハレタ」は洗いながらセンイをほぐし、根元からふっくら立ち上げる成分配合。綿素材のタオルなど、センイのハリとボリュームを保ちながら乾燥するから、どんなお洗濯スタイルでも、カラっと乾いてふっくら仕上がるのでおすすめです。

2.干し方も大切

部屋干し、浴室乾燥、外干し、いずれの場合も洗濯物を干す際には、風の通り道を作ることを意識しましょう。洗濯物同士をくっつけすぎずに適度な空間を保つ、部屋干しの場合は扇風機や除湿機を利用するのも効果的です。

<干し方の参考記事>
⇒部屋干しをスピード乾燥!角ハンガーを使った「アーチ干し」のすすめ
⇒除湿機を使った乾燥テクニック

このページのトップに戻る