ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

そのシミ汚れの原因は?汚れの種類別、シミの落とし方

公開日 2016/01/15

そのシミ汚れの原因は?汚れの種類別、シミの落とし方

 

シミをつけたり見つけたとき、ついあわてて水や手近にある洗剤で応急処置をしていませんか? 実はそれがかえってシミを広げたり落ちにくくしている可能性が…。水洗いが先? 洗剤をつけるのが先? 水温はとにかく高い方がいい? いえいえ、油ジミやワインのシミ、泥汚れに血液汚れなど、汚れの種類によって処置の仕方は異なるのです。

 
 

油ジミ(ファンデーションなどの油溶性のシミ)|水より先に、洗剤を直接塗布!

料理中や食事中、メイク中や仕事場でなど、油ジミは生活のさまざまなシーンでつくもの。だからつい、手近にある水と洗剤で応急処置をしてしまいがちですが、洗剤を直接塗布! がキレイに落とすコツなのです。

 

油ジミ(ファンデーションなどの油溶性のシミ)|水より先に、洗剤を直接塗布!

 

STEP1)乾いたティッシュで油分を吸い取る。(←外出先ではココまで!)
STEP2)液体の洗濯用洗剤を直接塗布。
STEP3)洗剤のキャップの底などで軽くたたいてシミを浮かせる。
STEP4)液体の酸素系漂白剤を直接塗布。
STEP5)洗う※。
※洗濯機で洗う場合、洗剤や漂白剤は、直接塗布した分を差し引いて入れる。

 

【油溶性のシミ】

チョコレート、バター、生クリーム、植物油、ファンデーション、口紅、化粧クリーム、ボールペン、朱肉、油性インク、クレヨンなど

 
 

ワインのシミ(水溶性のシミ)|濡&乾ティッシュでつまんで吸い取る!

ワインをはじめソースやカレーなど水溶性のシミ汚れ。外食中だとつい、コップの水でトントン叩いたり、トイレにかけこみ手洗い石鹸でこすったりしてしまいがち。でもそれがかえってシミを広げてしまうことも。そこでティッシュを活用してみましょう。

 

ワインのシミ(水溶性のシミ)|濡&乾ティッシュでつまんで吸い取る!

 

STEP1)濡らしたティッシュでシミをつまみ取る。
STEP2)乾いたティッシュで水分を吸い取る。(←外出先ではココまで!)
STEP3)液体の酸素系漂白剤を直接塗布。
STEP4)洗濯用洗剤を使って洗う※。
※洗濯機で洗う場合、漂白剤は直接塗布した分を差し引いて入れる。

 

【水溶性のシミ】

酒類 (ワイン、日本酒、ビールなど)、醤油、ソース、ケチャップ、ジュース、味噌汁、わさび、ラーメンの汁、ナポリタン、コーヒー、カレー、マヨネーズなど

 
 

泥汚れ|洗濯用洗剤を直接塗布!

野球のユニフォームやくつ下などの泥汚れ、水での予洗いは泥が繊維にしみ込んでしまうので逆効果。まずは、洗濯用洗剤を直接塗布するか濃い目の洗剤液を塗布してから予洗いをしましょう。

 

泥汚れ|洗濯用洗剤を直接塗布!

 

STEP1)泥汚れを払い落とす。
STEP2)液体の洗濯用洗剤または濃い目の洗剤液を直接塗布※1。
STEP3)洗濯機で洗う※2。液体の酸素系漂白剤を合わせて使うとさらに効果がアップ。
※1 濃い目の洗剤液の目安は、水5Lに対して10ml。
   (スーパーNANOXなどの超コンパクト液体洗剤の場合)
※2 洗濯用洗剤は塗布した分を差し引いて入れる。

 
 

【!】泥汚れを水で予洗いすると…

 

 
 

血液汚れ|水かぬるま湯で予洗い!

すり傷や鼻血などの血液汚れに漂白剤を直接塗布してしまうと、血液が変質して落ちにくくなるのでNGです。まずは、水か40℃以下のぬるま湯で予洗いをしましょう。

 

血液汚れ|水かぬるま湯で予洗い!

 

STEP1)水か40℃以下のぬるま湯で予洗い※1。
STEP2)液体の酸素系漂白剤を直接塗布。
STEP3)洗濯用洗剤を使って洗う※2。
※1 水温の高いお湯で洗うと、血液中のタンパク質が固まり落ちにくくなる。
※2 洗濯機で洗う場合、漂白剤は直接塗布した分を差し引いて入れる。
 
 
 

シミの種類がわからない時の見極め方
シミに水を垂らしてしみ込んだら、水溶性のシミの可能性が高いです。表面が乾燥しているとしみ込みにくいので、しばらく待ってから判断を。判断が難しい場合は、油溶性のシミの落とし方から試してみましょう。
シミ取り剤「トップ シミとりレスキュー」なら水溶性・油溶性どちらのシミにも使えるので安心です。外出先での応急処置にもオススメ。処置後は、できるだけ早くいつもどおりのお洗濯を!

 
 
 

注意:

和服や革製品、高級ドレス、大切にしている衣料など、シミ抜きに自信がない衣料は、無理に家庭でシミ抜きせずに、専門店に依頼しましょう。
シミ抜きなどの前処理をする場合、必ず衣類についている洗濯表示を確認してください。洗濯機マークや手洗いマークがついてれば、前処理の後に洗濯機や手洗いすることができます。
水洗い可能な衣類でも、ウールやシルクなどのデリケートな素材は、おしゃれ着用洗剤「アクロン」を使用してシミ抜きや洗濯をしましょう。

 


「トップ スーパーNANOX」は、洗浄力の高い濃縮タイプの超コンパクト衣料用液体洗剤だから、シミ汚れにもオススメです!

 
 
 

このページのトップに戻る