ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

アイロンがけの手間を省ける? シャツの洗濯じわを防ぐ5つのポイント

アイロンがけの手間を省ける? シャツの洗濯じわを防ぐ5つのポイント

洗濯が終わってワイシャツを干している時、ワイシャツにしわがついているのを見ると、「乾くとこのしわとれるかなあ」って心配になるのと同時に、アイロンと格闘している自分を想像して思わず憂うつになりますよね…。そこで今回は、諦めていた洗濯じわを防ぐお洗濯方法をご紹介します。

 
 

ワイシャツの洗濯じわを防ぐ5つのポイント

ワイシャツのしわは、お洗濯にちょっとしたひと工夫をするだけで減らすことができるんです。つまり、アイロンがけも簡単に! 今日から実践して、憂うつな洗濯じわにサヨナラしましょう。

 

ワイシャツの洗濯じわを防ぐ5つのポイント

 

①ワイシャツのサイズに合った洗濯ネットを選ぶ

→重要なのは、「ワイシャツのサイズに合った洗濯ネット」を使用すること。ワイシャツを畳んで入れるのに適切な大きさ「30×33㎝程度」のものを選びましょう。また、濃色系などのワイシャツで毛羽や糸くずの付着が気になる場合は、細かい目の洗濯ネットがオススメ。

適切なサイズより大きい洗濯ネットを使用すると、洗濯した後に下の写真のように洗濯ネットの中で衣類がかたより、かえってしわができてしまうことがあるので要注意!

 

ワイシャツのサイズに合った洗濯ネットを選ぶ

 
ワイシャツのサイズに合った洗濯ネットを選ぶ

 

②ワイシャツを畳んで洗濯ネットに入れる。

→ワイシャツは、ネットの大きさに合わせて畳んで入れましょう。

汚れをしっかり落とすためにも、洗濯ネット1枚につきワイシャツ1枚が基本です。

 

③柔軟剤を使う

→柔軟剤「ソフラン アロマナチュラル」には、洗濯中の衣類の絡まりを防いで洗濯じわになるのを防ぐ効果があります。

 

④洗濯後はすぐに取り出して干す

→洗濯が終わったら、洗濯機からすぐに取り出しましょう。

 

⑤洗濯じわをできるだけのばして干す

→両肩を持って軽く振りさばき、手のひらでたたいて洗濯じわをのばしてから干しましょう。

 

ワイシャツの上手な干し方→

 
 

それでも、洗濯じわができてしまったら?

着用前や洗濯をして乾いた後、しわが気になる場合は、お洋服のしわとり・消臭スプレー「スタイルガード」をしわの気になる部分に、しっとりする程度にスプレーしましょう。スプレーした部分を軽く引っ張りながらしわをのばして、形を整えた後、乾かすだけでしわが取れます。

 
 

すると…アイロンなしでも、しわがスッキリ!
アイロンは仕上げの3箇所!

洗濯でワイシャツの洗濯じわを防いだら、アイロンがけは着用時に人の視線が集中する「エリ」「ポケット」「カフス(袖口)」の3カ所でとりあえずOK!
ちなみに…、しわとりにはスチームアイロンのイメージがありますが、ポリエステル混紡のワイシャツは、スチームを使用しないでアイロンをかける「ドライアイロン」にしましょう。洗濯する前だけでなくアイロンをかける前にも、洗濯表示をしっかり確認しましょう。

 

一見、面倒そうに感じるかもしれませんが、ひとつひとつは「言われてみれば…」な、簡単で覚えやすいことばかり。きっと、あっという間にルーティンになり、ワイシャツお洗濯の憂うつから脱出できますよ!

 
 

形態安定加工シャツって?
<コラム>
形態安定加工シャツって?
形態安定加工シャツとは、主に生地への薬品・スチーム加工で、防しわの性能を向上させたシャツのこと。アイロンは基本的には、不要ですが、よりキレイに仕上げるために、干す際は下記の図のように、身頃や袖の縫い目をひっぱりながら整えて、しっかり洗濯じわをのばしましょう。また、後身頃のしわが気になる場合は、斜め・縦・横方向の順に引っ張りながら整えましょう。

 
 

オススメアイテムオススメアイテム

このページのトップに戻る