ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

枕カバー洗ってますか? ガンコな臭い汚れにはつけおき洗い

枕カバー洗ってますか? ガンコな臭い汚れにはつけおき洗い

 

お父さんやお子さんの枕カバーのニオイ。「同じ枕カバーなのになんだかニオイがちがう…、洗ってもなかなか落ちない…」とお悩みではありませんか? これは、体臭が世代によって違うことが原因のひとつ。体臭の元となる皮脂汚れに効果的な「トップ スーパーNANOX(ナノックス)」を使って、家族みんなのニオイ汚れを解決!

 
 

気になる、枕カバーのニオイの原因は?

気になる、枕カバーのニオイの原因は?
 
子どもの枕からは「ツンとしたニオイ」、お父さんの枕からも「かびた古本のようなニオイ」。それは「汗」と、頭皮や耳の後ろ、首元などから出る「皮脂」が、枕カバーに染み付いてしまうのが、主な原因。普段着ている服よりも洗濯頻度が少ないので、皮脂がよりセンイの奥に蓄積しやすいのかもしれません。

 
 

世代ごとに「体臭」が異なるワケ!

体臭とは「汗」や「皮脂」に含まれる成分の分解物や酸化物が発するニオイ。世代ごとに体臭が異なるのは、その「汗」と「皮脂」の量と質が変化するため。だから枕カバーのニオイも違ってくるのです。

 
 

(ご参考)
【世代ごとのニオイの違い】
 
世代ごとのニオイの違い
 
 

枕カバー、月に何回お洗濯していますか?

ライオンの調査によると、既婚女性で平均4.4回、単身男性で平均2.9回という結果に。さらに、月1回かもしくはそれ以下の頻度でしか洗わないという方が約24%もいます! 皮脂汚れは放置しておくと変質して落ちにくくなり、イヤなニオイの元にもなります。だから、皮脂汚れに強いスーパーNANOXでこまめにお洗濯をして、ニオイの元となる「汗」や「皮脂」をセンイ1本1本からしっかり落としましょう。

 
 

(ご参考)
【枕カバーのお洗濯回数】
 
枕カバーのお洗濯回数
 
 

それでも落ちない枕カバーのガンコなニオイ対策は?

それでも落ちない枕カバーのガンコなニオイ対策は?

 

普段のお洗濯で枕カバーのニオイが落ちにくいなって感じてきたら「つけおき洗い」をしましょう。通常のお洗濯よりも濃い洗剤液につけておいて、枕カバーのニオイをしっかり落としましょう。

 
 

<つけおき洗いの手順>

1.濃い目の洗剤液をつくる

洗濯桶などに枕カバーがつかる程度のぬるま湯を入れ、洗濯1回分の洗剤を入れます。さらに液体酸素系漂白剤「ブライトW」を適量加えると効果アップ!

 

2.衣類をつけておく

衣類を入れてから30分から2時間つけおき。濃い色の枕カバーは色落ちの可能性もあるので、目立たない場所に洗剤をつけて色落ちしないか事前に確認してから行いましょう。

 

3.洗剤液ごとに洗濯機へイン!

つけおきした衣類と洗剤液をそのまま洗濯機へ。他の衣類と一緒に普段通りのお洗濯をしてください。

 
 

(ご参考)
【つけおき洗いによる「洗浄力テスト」の結果】

 
つけおき洗いによる「洗浄力テスト」の結果
 

枕カバーをつけおき洗いした時の汚れの落ち具合をテストしたところ、枕カバーをつけおき洗いすると、通常のお洗濯よりも洗浄力が向上するという結果に。枕カバーのニオイが落ちないなと感じたら、つけおき洗いをしてみましょう。

 
 

オススメアイテムオススメアイテム

このページのトップに戻る