ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

半数の主婦が実践! 節水・節約・汚れ落ち「残り湯洗濯」はいいことだらけ

半数の主婦が実践 節水・節約・汚れ落ち「残り湯洗濯」はいいことだらけ

 

節水・節約・汚れ落ちがよくなるなど、メリットいっぱいの「残り湯洗濯」。多くの主婦が実践する一方で「菌」や「ニオイ」がつかないか不安に感じることも少なくないよう。そこで、残り湯洗濯の不安を解消する3つのポイントを紹介します。

 
 

残り湯洗濯をする人ってどのくらい?

お風呂の残り湯をお洗濯に使用している人は年々増えていて、ライオンの調査によると、「6割以上の主婦」が残り湯を活用しているとの結果が! その理由としては「水道代の節約」が大きな割合を占めていますが、「汚れ落ちアップ」への期待も見られます。

 

【残り湯のお洗濯への利用状況】
残り湯のお洗濯への利用状況

 

【残り湯を使う理由】
残り湯を使う理由

 
 

では実際に、洗浄力はアップするの?

残り湯で洗浄力はアップするの?

 

残り湯は、入浴直後は40℃くらい。翌朝で25℃くらいの温度になっています。冬の水道水の温度と比べると15~20℃も温かいため、洗剤に入っている酵素の働きがアップし、洗濯物の汚れ落ちもよくなるんです。

 
 

どれくらい、節水・節約になるの?

残り湯でどれくらい、節水・節約になるの?

 

一般的に、家庭用の浴槽の湯量は約200L。毎日これだけのお湯を流してしまうのは、ちょっともったいないですよね。残り湯をお洗濯の「洗い」の工程で使用すると、1ヵ月で440円の節約。また、1ヵ月で1,800Lの節水になります。ほかにも植木の水やり、トイレの流し水、災害などの非常時への備えなどメリットはいろいろありますが、まずは毎日のお洗濯に活用してみませんか。
※ライオン調べ

 
 

でも、残り湯って清潔に使えるの?

「残り湯をお洗濯に使いたいけど、菌や汚れ、イヤなニオイが衣類についてしまいそう」。
お風呂の残り湯を使うお洗濯にメリットを感じながらも、同時にそんな「不安」を抱いてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも大丈夫!残り湯を再利用するためのポイントをしっかりおさえれば、そんな不安も解消できます。

 
 

【残り湯を清潔に使う3つのポイント】

 

1.残り湯をできるだけ清潔に残す

⇒ 湯船には、からだを洗ってから入る。また、タオルを入れないようにしましょう。

 

2.残り湯は「洗い」の工程のみで使う

⇒残り湯を「すすぎ」の工程で使うと、菌や汚れが洗濯物に残ってしまうことがあります。残り湯を使うのは、「洗い」の工程だけにして、「すすぎ」には水道水を使いましょう。

 

3.除菌・抗菌効果のある「酸素系漂白剤ブライトW」を洗剤と一緒に入れる

⇒菌の心配やニオイが気になる方は、除菌・抗菌効果のあるブライトWを洗剤と一緒に入れてお洗濯しましょう。シミや黄ばみの漂白もできて便利です。

 
 

このページのトップに戻る