ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

落ちにくいガンコな作業着の汚れをキレイに落とす洗い方

落ちにくいガンコな作業着の汚れをキレイに落とす洗い方

 

毎日のお洗濯の中でも、作業着の汚れが落ちない! とお悩みの方、とても多いんです。ひとことで作業着の汚れといっても、工場等でつきやすい「機械油汚れ」、調理場では揚げ油や、調味料、食材などの「食べ物汚れ」、屋外のお仕事であれば「泥汚れ」「草汚れ」など、さまざま。
今回は、作業着のガンコな汚れを落とすお洗濯方法を、汚れ別にご紹介します。キレイに洗った作業着なら、お仕事も一層がんばれますね。

 
 

作業着の手強い汚れは「前処理」→「つけおき洗い」でお洗濯!

手強い作業着汚れは「前処理」→「つけおき洗い」でお洗濯!

 

写真のような作業着の汚れを、通常のお洗濯で一気に落とそうとしてもなかなか難しいもの。そこで洗濯機で洗う前に、汚れに適した「前処理」と、「つけおき洗い」のひと手間かけてあげることで、洗い上がりに格段の差がでます。

もちろん、作業着についた汗や皮脂汚れも時間が経つと落ちにくくなります。汚れたらなるべく早めのお洗濯を心がけましょう。

 
 

汚れ別「前処理」方法

作業着汚れの中でも、お悩みの多い「機械油汚れ」「食べ物汚れ」「泥汚れ」「草汚れ」を落とすための「前処理」方法をご紹介します。
手荒れが気になる方は、ゴム手袋をして前処理を行いましょう。

 
 

<機械油汚れの前処理>

 

STEP1|汚れに液体洗剤を直塗り
機械油汚れが目立つ部分に油汚れに強い液体洗剤「トップ スーパーNANOX(ナノックス)」を直塗りします。汚れが広範囲の場合は、液体洗剤を水に溶かした洗浄液を使います。

 

STEP2|洗濯ブラシでこする

<機械油汚れの前処理>STEP2|洗濯ブラシでこする

直塗りした部分を洗濯ブラシなどでこすります。ブラシでこすったあとは、水で軽く洗い流します。

 
 

<泥汚れの前処理>

 

STEP1|泥をはたき落とす
泥汚れがついている部分を乾いている状態でパンパンとはたいて、できるだけ土や泥を落としておきます。

 

STEP2|汚れに液体洗剤を直塗り
「トップ スーパーNANOX(ナノックス)」などの液体洗剤や、泥用の部分洗い剤「トップ プレケア ドロ用」を、泥汚れがついている部分に直塗りします。汚れが広範囲の場合は、液体洗剤を水に溶かした洗浄液を使います。

 

この時、先に水洗いをしてしまうと、水で泥がセンイの奥に入り込んでしまい落ちにくくなります。ですから水に濡らさないように注意しましょう。

 

実験結果でも明らか! 「泥汚れ」のお洗濯は最初が肝心⇒

 

STEP3|洗濯ブラシでこする
直塗りした部分を洗濯ブラシでこする、もしくは、揉み洗いをします。そのあとは、水で洗い流します。

 
 

<食べ物の前処理>

 

STEP1|固形物を取り除く
固形物が付着している場合は、ティッシュなどでつまみ取ります。

 

STEP2|汚れに液体酸素系漂白剤を直塗り

<食べ物の前処理>STEP2|汚れに液体酸素系漂白剤を直塗り

食べ物汚れがついている部分に、「ブライトW」のような液体酸素系漂白剤や、シミ用の部分洗い剤「トップ プレケア シミ用」を直塗りします。

 
 

<草汚れの前処理>

 

STEP1|汚れに液体洗剤を直塗り
草汚れがついている部分に「トップ スーパーNANOX(ナノックス)」などの液体洗剤を直塗りします。汚れが広範囲の場合は、液体洗剤を水に溶かした洗浄液を使います。

 

STEP2|洗濯ブラシでこする
直塗りした部分を洗濯ブラシでこする、もしくは、スポンジの柔らかい部分でたたきます。そのあとは、水で洗い流します。

 
 

「つけおき洗い」で汚れもニオイもスッキリ

「前処理」が終わったあとは「つけおき洗い」で汚れを落としましょう。「つけおき洗い」は、汗のニオイの解消にも有効です。ここからは、汚れの種類によらず、手順は同じです。

 

STEP1|洗濯機で30分~2時間つけおきする

<「つけおき洗い」で汚れもニオイもスッキリ>STEP1|洗濯機で30分~2時間つけおきする

洗濯機に水をはり、1回分の洗剤を入れます。「草汚れ」は色素汚れを落とす必要があるため、液体酸素系漂白剤も一緒に入れると効果的です。そこへ「前処理」をした作業着を入れ、30分~2時間つけおきます。洗濯機に「つけおきコース」がある場合は利用すると便利です。

 

STEP2|洗濯機で洗う
つけおきした洗剤液のまま、洗濯機の「通常コース」でお洗濯します。「念入りコース」「パワフルコース」など機械力の強いコースを利用するとさらに効果的です。他の衣料とはわけて、作業着だけの単独洗いがおすすめです。
つなぎタイプなど作業着にファスナーがある場合は、ひっかかりを防ぐため閉じておきましょう。

 
 

早く乾かすためのポイント

つなぎタイプや、厚手の作業着は乾きにくいですよね。ファスナーやボタンは開け、肩幅を広く調節できるハンガーに干したり、両袖をもの干し竿に通すなど、風通しよく干しましょう。

 
 

このページのトップに戻る