ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

雨の日が続いたときのガンコな部屋干し臭対策、まずは洗濯槽ケアから!!

雨の日が続いたときのガンコな部屋干し臭対策、まずは洗濯槽ケアから!!

雨の日の多い季節の対策と言えば「洗濯物の部屋干し臭対策」のイメージですよね。ところが「洗濯機」にも対策が必要ってご存知ですか?
特に梅雨や秋雨などの時期に多い悩みといえば、洗濯槽からするイヤなニオイや洗濯物についてくるワカメのような汚れ。実はその原因のひとつが、洗濯槽の裏側で日々増殖し続ける“菌”なのです。

また「部屋干し臭対策をしても、洗濯物がなぜかニオう…」というあなた、洗濯槽のケアを忘れていませんか。

洗濯槽クリーナーでお掃除すれば大丈夫! と思っていませんか?

洗濯槽クリーナーでお掃除すれば大丈夫! と思っていませんか?

「洗濯槽がニオう…」「洗濯物にワカメのような汚れがついてきた!」そんな時、まずは洗濯槽クリーナーでお掃除しますよね? その後はどうしていますか? そう、その後が肝心なんです。

洗濯槽の中は部屋の湿度よりも高いので、洗濯槽の裏側では“菌”が増殖しやすいんです。カビに比べ、“菌”は増殖する速度が速いので、洗濯槽のイヤなニオイを防ぐためには、「日々のケア」が重要となります。だから、洗濯槽クリーナーでお掃除したからといって安心は禁物!

“菌”が増えると、自らを守るために粘膜状の“バイオフィルム(菌の住処)”を形成し、その上に“カビ”が発生してきます。

この“菌”をはじめ、“菌”の増殖が原因でその後にできる“バイオフィルム”や“カビ”が、洗濯槽からするイヤなニオイや洗濯物についてくるワカメのような汚れの主な原因。さらに洗濯物からイヤなニオイがしたり部屋干し臭がするという場合は、キレイに洗ったつもりの洗濯物に洗濯槽の“菌”が移っている可能性もあります。

ですから洗濯槽クリーナーでお掃除したら、そのキレイな状態を少しでも長く保つための工夫をしましょう。洗濯槽クリーナーでのお掃除は、2~3ケ月に一度は行うことをおすすめします。

洗濯槽を“菌”だらけにしない4つのポイント

洗濯槽を“菌”だらけにしない4つのポイント

特に梅雨は湿度が高く洗濯槽の“菌”が増殖しやすい時期。洗濯機や洗濯物をニオわせない! 汚さない! そのために、洗濯機の梅雨対策をしっかり実践しましょう。

[POINT1]まずは、洗濯槽クリーナーでお掃除

梅雨や秋雨の時期はもちろん、2~3カ月に1度は洗濯槽クリーナーでお掃除しましょう。さらに、少しでも“菌”の増殖のリスクをおさえるために、洗剤・柔軟剤の投入口もお掃除するのがおすすめです。

[POINT2]その後、お洗濯には洗濯槽もケアできる衣料用洗剤を使う

抗菌・防臭効果のある液体洗剤「トップ HYGIA(ハイジア)」なら、お洗濯しながら簡単に洗濯槽の“バイオフィルム”まで、分解・除去することができます。

[POINT3]洗濯後は、洗濯機のフタを開け湿度を下げる

洗濯後にフタを閉めたままにしておくと、湿度はほぼ100%まで上昇し、“菌”が増殖しやすくなります。

※小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、事故防止のためドラム式洗濯機のフタは必ず閉めましょう。

[POINT4]洗濯機が置いてある場所の換気をよくする

脱衣所に洗濯機がおいてある場合は、入浴後など湿気がこもりがち。そうすると、洗濯槽の中の湿度も高くなり、菌が増殖しやすくなります。

入浴後は、脱衣所の風通しを意識しましょう。「脱衣所の換気扇を回したり窓を開ける」「お風呂場側の扉を開け、換気扇を回したり、窓を開ける」など、風の通り道を作り、脱衣所の湿った空気を逃しましょう。また、扇風機をお風呂場側に向けて回すと、より効果的です。脱衣所の風通しをよくすることで、洗濯槽の中の湿度が下がり、菌の増殖リスクの低減につながります。

雨の多い季節の“菌”対策はお洗濯の前後も。念入りに!

雨の多い季節の“菌”対策はお洗濯の前後も。念入りに!

衣類は洗濯している間だけでなく、干している間や、着用している間も、常に“菌”リスクにさらされています。洗濯機のニオイや洗濯物の部屋干し臭対策のためにも、お洗濯の前後も念入りに“菌”対策しましょう。

[お洗濯前]洗濯物はためこまず、こまめに洗う

“菌”の栄養となる汗や汚れがついた洗濯物は、長く放置すればするほど“菌”が増殖してしまいます。梅雨や秋雨の時期は特に、こまめにお洗濯しましょう。また、汗や皮脂汚れをしっかり落とすためにも詰め込み洗いはしないこと。洗濯機の容量の7割程度で洗うのがおすすめです。

[お洗濯後]洗濯物を早く乾かす。5時間がニオう・ニオわないの分かれ目

(1)風の通り道をつくる

洗濯物の間にこぶし大の間隔を開けると風の通り道ができ、早く乾かすことができます。
洗濯物を干す場所もポイント! →

(2)家電を効果的に使う

洗濯物の下に「衣類乾燥除湿機」をおいたり、「扇風機」で風をあてると乾燥時間が短縮できます。
除湿機を使うとどのくらい早く乾くの? →

(3)アイテム別に干し方をひと工夫

トップス・ボトムス・パーカーにシーツなど、デザインにより干し方を工夫すると早く乾きます。
乾きやすい干し方のポイントは? →


いかがでしたか?

目に見えない“菌”ケアは、うっかり忘れてしまいがち。“菌”の増殖により発生するニオイや汚れのサインを受け取る前に、定期的に対策を実施、また日頃の習慣にして、キレイに清潔にお洗濯しましょう!

このページのトップに戻る