ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

夏に涼しい服装とは? 着こなしや香りを利用して暑さを乗り切る方法

夏に涼しい服装とは? 着こなしや香りを利用して暑さを乗り切る方法

衣類の着こなしによって、涼しさが変わることをご存知ですか。暑さが本番を迎える前に、涼しく過ごせる夏服の着こなし方&選び方を知っておきましょう。

暑い夏、涼しい&快適に過ごすための着こなしのポイント

衣類を夏に涼しく、快適に着こなすには、「体から効率よく熱を逃がすこと」が重要です。効率よく熱を逃がすための3つのポイントを詳しくご紹介します。

・手・腕・足を露出する

「手・腕・足」は細くて凹凸があるので、胴まわりに比べて容積の割に表面積が広く、熱を逃しやすい場所です。また、手足の末端には、体温をコントロールしてくれるAVA(動静脈吻合)という血管があり、暑さを感じると血管が開き熱を放散します。
私たちは、暑くなると自然と腕まくりをしたりしますが、実は理にかなっているんです。

・服の中の風通しを良くする

「手・腕・足」のように露出できない「おなか・背中」は、どうしても熱がこもりやすい部位です。トップスの裾は出したり、袖口や肩、エリ元などが開いているデザインの衣類等を着用したりして、衣類の中に風を通して、胴まわりから熱を逃がすようにしましょう。

・夏用の機能性インナーを着用する

吸水速乾効果のあるインナーは、センイとセンイの隙間に汗がすばやく吸い上げられて広がるので、汗が蒸発しやすくなり、体温の上昇が抑えられます。

夏に選びたい、涼しさをアップするトップス、ボトム

では、涼しさを感じる服装の選び方と着こなし方について、具体的にご紹介しましょう。

涼しさを感じる服装の選び方と着こなし方

<インナー>

・吸水速乾効果のあるインナーの着用

【この記事もチェック】
⇒機能性インナーの汗ジミ・ニオイから防ぐお洗濯方法

<トップス>

・肩やエリ元が開いているノースリーブや半袖のトップス
・エリ元や袖口、裾などにゆとりのあるデザイン
・男性はエリ元が開きやすく体幹部の風通しもいい、ポロシャツやかりゆしウエアやアロハシャツもおすすめ。

<ボトム>

・スカート
・ハーフ丈などの短い丈のパンツ

ビジネスシーンでは、手足の露出は難しいですね。そんなときは……

ビジネスシーン 夏服の着こなしのコツ

・トップスの裾はボトムに入れないのがベスト
・裾が出せない場合は、エリ元だけでも開ける
・営業などで長袖着用の場合は、社内では袖をまくって腕を出す

これだけでも涼しく感じると思います。

夏服にミントを香らせて涼感アップ

スーッとさわやかなミントの香りは、暑い夏でも涼しげに感じられる香りですね。実際、ミントの香りが夏向きの香りであることが実験で分かっています。

男女15名を対象に、夏場を想定した環境(気温30℃、湿度80%)で、ミントの香りがするTシャツとフローラルの香りがするTシャツを着用し、軽く運動した後脱いで、それぞれのTシャツを着用した時の気分を調べてみたところ、ミントの香りがするTシャツのほうが「すっきりする」「涼しい感じ」「夏に向いている」「リフレッシュする」などの項目で高い評価が得られました(ライオン調べ)。

そこでおすすめなのが、夏向きの涼やかな香りの洗濯洗剤や柔軟剤を使用したお洗濯です。期間限定で発売中の「トップ スーパーNANOX アイスミントの香り」「ソフラン プレミアム消臭 アイスミントの香り」は、すっきりとしたミントの香り。お洗濯するだけで、衣類に冷涼感のある香りをプラスできます。

体から熱を逃がすことを意識して洋服を選んだり、着こなしを行ったりすることで、厳しい暑さの中でも涼しく快適に過ごせそうですね。ミントの香りもプラスして、今年の夏を乗り切りましょう!

監修:神戸女子大学家政学部・平田耕造教授

監修:神戸女子大学家政学部・平田耕造教授

このページのトップに戻る