ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

洗剤のはたらきを実験しよう! ライオン千葉工場見学 イベントレポート

洗剤のはたらきを実験しよう! ライオン千葉工場見学 イベントレポート

楽しかった夏休みも、もうすぐ終わりですね。自由研究を応援すべく本コミュニティで企画し、多くの方にご応募いただいた「親子で洗剤の働きを実験しよう! 夏の自由研究をサポート! 親子工場見学イベント」が8月上旬に実施されました。

自由研究に四苦八苦されてる方はもちろん、毎年悩ましいテーマ決めにも参考にしていただける、イベントレポートをご紹介します!

広さは東京ドーム3個分! ライオン千葉工場へようこそ

参加される親子は8組。千葉県外からの参加いただく方も多い中、イベント当日は、前日までの暑さが少し和らぎ工場見学日和!

楽しいイベントにするべく準備を進めてきたスタッフ一同、お天気に恵まれたことに感謝しつつ、皆さんが到着されるのを心待ちにしていたんですよ。

集合場所のJR内房線「八幡宿駅」に集合される参加者の皆さん
ライオン千葉工場へはマイクロバスで5分ほど。スタッフが入口でお出迎え

会場に到着した子ども達の前には、なぜか白衣が!? スタッフから「1日ライオン研究員として、工場見学や実験に参加してもらいます!」との説明に、みんなとてもうれしそうな表情に。

白衣に着替えたら、まずはライオン千葉工場について予習。全国に4つある工場の中でも、最大規模を誇る千葉工場。国立科学博物館の重要科学史技術資料に登録されている、界面活性剤をつくる為にライオンが開発した機械もあります。

その敷地面積は東京ドーム3個分! 生産されているのはトップ スーパーNANOX(ナノックス)などの衣料用洗剤や柔軟剤、台所用洗剤など。お家で使っている洗剤も見つけることができるかな~?

白衣に着替えて、研究員らしくなったかな?!
ライオン千葉工場についてはDVDを交えてライオン千葉工場 矢須さんより説明
「昨年は自由研究で表彰された参加者もいるんですよ」と千葉工場次長 上谷さん

1日ライオン研究員として、いざ工場見学へ!

東京ドーム3個分の敷地面積のライオン千葉工場。工場入口まではマイクロバスで移動して工場見学スタートです!

参加者が首から下げているのはガイドシステム。機械の音で説明が聞き取りにくいのをサポート
液体洗剤ができるまでの6段階の製造工程が壁一面にイラストで説明されています
環境への取組みとして敷地内にはビオトープも。蛍も訪れ、秋にはお米も収穫できるそう

さぁ、いよいよ工場内部へ!

見学できるのは、衣料用洗剤をボトルに詰め(充填)、そして配送用ダンボールに入れられるライン。子ども達もお母さん方もわくわくです!

「すごく広いね」「いい匂いがする~」「機械の音が大きい!」など工場の雰囲気に圧倒される子ども達

ベルトに流れていく製品を見て「あれ、知ってる洗剤だ!」なんてうれしい声も

24時間体制で生産しているライオン千葉工場、何名が働いていると思いますか? こんなに広い工場なのに、280名ほどしか働いてないんです。それは、機械でのオートメーション化が進んでいるから。

洗剤をボトルや詰め替え用パッケージに詰める(充填)工程はもちろん、その後のキャップ閉め、異物が入っていないか、決められた量の洗剤が入っているかのチェックも全て機械で行っています。

ボトルの向きを振動で調整して正面でフタを閉めるなど、細かなところまで寸分違わず完成していく工程に子どもも大人も「すごい!」と釘付けに。

製造ラインを見学した後は、巨大倉庫に移動します。

広い倉庫内の天井まで高く積まれた製品を見上げて、びっくり。「映画みた~い!」

製造された製品は、出荷まで巨大倉庫に保管されます。

この先の工程も、もちろん機械による作業。積みあがった段ボールは崩れないように紐で固定されて、パレットに載せられます。製品の種類や配送先をコンピューターが自動管理し、指定の場所まで商品を載せたパレットが移動していきます。

「こんなに広い倉庫で、どこに何があるかわからなくなったりしないの?」と不思議そうな子、広さにただただ驚く子、様々な表情で商品を見上げていました。

お洗濯マイスター登場! 洗剤のはたらきを知る実験開始

工場見学から戻ったら、アイスクリームでちょっとブレイク。実はこのアイスクリームにも意味があるんですよ。その答えは後ほど。

休憩したところで、お洗濯マイスターが登場。2つ目のお楽しみ、お洗濯実験のスタートです!

「なんと、1時間ほどの実験で自由研究が終わるよ!(笑)」とお洗濯マイスター
ゴーグルや試験管など本格的な実験道具が用意されました

お洗濯マイスターより、「お洗濯には水、機械力(洗濯機)、洗剤の3つの力が必要です。それぞれを適正に使うことが大切ですよ」というお話しの後、「水」と「洗剤」の違いが分かる実験からスタートです。

まずは紐を汚れにつけます。ピンセットで慎重に…
水と洗剤液が入った試験管に汚れた紐をそれぞれ入れると…
洗剤液が入った試験管の紐だけが沈んだ!

本来なら水につければ沈んでしまう布製の紐。でも、汚れがバリアになってしまい、水に浮いたままに。それが、洗剤液(トップ スーパーNANOXを使用)の入った試験管では、洗剤液に含まれる「界面活性剤」の力で汚れを引き離すため、オレンジ色の汚れが浮き上がり、紐は沈むんです。

「界面活性剤」は水と油を仲良くさせるはたらきがあり、洗剤以外にも生活の中で色々と活用されているんです。なんと、実験前に食べたアイスクリームにも! 原料表示など見てみると、色々と発見がありそうですよね。

わかりやすい実験結果は、子ども達も理解しやすかった様子。納得したところで、さらに実験は進みます!

試験管から紐を取り出します。みんな真剣です!
取り出した紐を半分に切り、断面の様子を観察してみると…

2種類の試験管につけた紐を取り出して、断面を観察してみると大きな違いが。水につけた方は紐の中までオレンジ色(汚れ)なのに比べて、洗剤液につけた紐は断面がきれいになっている!

「紐の周りの汚れだけではなくて、中まできれいになったことが分かりますね。紐の中まで洗剤液がしみこんで、汚れが落ちたんですよ。」とお洗濯マイスター。みんな集中してその様子をノートに記録していました。

洗剤のはたらき、汚れを落とす仕組みが理解できたところで、さらに洗剤のはたらきについて知ることのできる最後の実験へ。

白のくつ下をはいて泥汚れをつけます。みんな楽しそう…
片方だけ軽く泥を払った後、液体洗剤を直接塗布
液体洗剤を塗布したくつ下を洗濯機で洗います
洗い上がり(右側のくつ下)はこの通り! 泥汚れがついていたとは思えない白さ

泥汚れは最初に水洗いしてしまうとセンイの奥に水と一緒に泥がしみ込んでしまい、逆効果。正しい前処理は、液体洗剤を直接塗布するのがポイントなんです。目の前でみる説得力にはお母さん方も驚かれたようです。

洗濯機にいれる前の水洗いは逆効果? 泥汚れのお洗濯は、最初が肝心⇒

実験結果や感想を書き込んで、お母さんが撮ってくれた写真を張り付ければ、自由研究ノートの完成!

いつもありがとう!
工場で働くみなさんにNANOX感謝ボードを贈呈

工場見学、実験の全行程を終えた後は、工場のみなさんへ参加者からサプライズプレゼント! 本コミュニティでみなさんから寄せられたメッセージをデザインした「NANOXがあってよかった! みんなからの感謝のきもち」ボードを子ども達から贈呈、喜んでいただきました。

ライオン千葉工場 松元さんに受け取って頂きました
みなさんからのメッセージでこんなに素敵な感謝ボードが完成!

最後にライオンちゃん登場に、子ども達も満面の笑顔!

ここでライオンちゃんが登場!

待ってました! ライオンちゃんNANOXを持って登場~
参加者、スタッフ全員で記念撮影
参加された方には実験でも使用したトップ スーパーNANOX(ナノックス)の詰合せやペーパークラフトなどをプレゼント

工場見学、実験と盛りだくさんのイベントも終了。参加した子どもたちに感想を聞いてみると…

「紐を使った実験がすごく楽しかった」

「工場の商品が流れてくるところがすごかった」

「機械でキャップをしめていくところが面白かった」

など、みんなそれぞれに楽しんでくれたようです。自由研究はもちろん、夏休みの楽しい思い出のひとつになってくれたらスタッフ一同、とてもうれしいです。

これからも、本コミュニティに参加されている方とお会いできるイベントを企画していきたいと思っています!

ライオン千葉工場について


ライオン千葉工場の工場見学ご希望の方は、詳しくはこちらへ。

このページのトップに戻る