ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

ニオう靴下は裏返しで洗うのも正解。面倒な手間を省く、お洗濯の時短アイデア5

ニオう靴下は裏返しで洗うのも正解。面倒な手間を省く、お洗濯の時短アイデア5

お洗濯は「洗濯機まかせ」のラクな家事と思われがちですが、洗濯機のスイッチを入れるまでの「お洗濯の準備」が意外と面倒ですよね。主婦の「夫のお洗濯に対する不満」の20代の第1位、30代の第2位は、裏返ったままで洗われた靴下でした※。つまり、多くの女性が靴下を表に返してから、洗濯機に入れていることがわかります。毎回の積み重ねを思うと、余計な手間は省きたいですよね。※ライオン調べ

今回は、裏返ったままの靴下を表に返したり、洗剤を計量したり、ちょっとした手間を見直してお洗濯をラクにする、時短アイデアをご紹介します。

洗濯物を準備するひと手間を省く時短アイデア

【時短アイデア①】
ニオイが気になる靴下や肌着。
裏返しで洗って、表に返す時間をカット!

ニオイが気になる靴下や肌着。 裏返しで洗って、表に返す時間をカット!

実は、汗臭や加齢臭などのニオイが気になる靴下や肌着類は、裏返しで洗うのも正解なんです。理由は、肌が直接触れた部分(裏側)を表にして洗った方が、洗濯機の水流や衣類同士のこすれなどの機械力の影響でニオイの主な原因である汗や皮脂汚れが落ちやすくなるため。裏返しのままでお洗濯した靴下や肌着は、着る時に自分で表に返すという約束にしておくと、洗った後の手間も省けますね。

<ポイント>
・ニオイが気になる靴下や肌着は裏返しのまま洗うのも正解
・丸まったままの衣類は、汚れ落ちが悪くなるので伸ばしてから
・お子さんの靴下など泥汚れや黒ずみなどの汚れが気になる場合は、表に返してから洗う

⇒妻が不満に思う夫のお洗濯。イライラ第1位は「靴下の裏返し」

【時短アイデア②】
蛍光剤無配合(無けい光)の洗剤を選べば
色柄ものを分け洗いする時間をカット!

蛍光剤無配合(無けい光)の洗剤を選べば 色柄ものを分け洗いする時間をカット!

お洗濯を繰り返すうちに、生成り(きなり)や淡い色合いが白っぽく変化してしまう原因のひとつが洗剤に配合された蛍光剤(蛍光増白剤)。普段のお洗濯であれば、スーパーNANOXやスーパーNANOX ニオイ専用のように蛍光剤無配合(無けい光)の洗剤を選べば、色柄ものや淡い色合いのベビー服も安心して一緒に洗えます。時間も手間も効率的ですね。

<ポイント>
・普段のお洗濯であれば、蛍光剤無配合(無けい光)の洗剤を選ぶのが効率的。パッケージ(裏面)にある「蛍光剤無配合」「無けい光」の記載を確認
・ウールやデリケートな衣類は、アクロンなどおしゃれ着用洗剤で分け洗いしましょう

⇒洗剤に配合されている蛍光剤って何?

便利な洗濯グッズを活用した時短アイデア

【時短アイデア③】
脱水後の絡まりやしわをのばす時間をカット!

脱水後の絡まりやしわをのばす時間をカット!

洗濯ネットはデリケート衣類だけのためならず。普段のお洗濯から上手に活用すれば、洗濯物の絡まりを軽減し、洗濯機からの取り出しがスムーズに。また、適切なサイズのネットにたたんで入れることでしわになりにくくなり、乾いた後のアイロンの手間まで減らせます。

<ポイント>
・洗濯ネットひとつにつき、衣類は1点
・ワイシャツなら、約30×33cmのサイズが最適。たたんでいれることで、しわなく洗浄力もアップ

⇒洗濯ネットのサイズをチェック!

【時短アイデア④】
キャップで計量する時間をカット!
投入口や洗濯槽、気になる汚れにも洗剤を直接プッシュ。

キャップで計量する時間をカット!投入口や洗濯槽、気になる汚れにも洗剤を直接プッシュ。

粉洗剤よりも投入しやすく、粉の飛び散りもない液体洗剤ですが、さらにキャップで計量する手間も省けるボトルも登場しています。
スーパーNANOXとスーパーNANOX ニオイ専用から発売された新ボトルは、直接洗剤を投入できるプッシュボトル。洗剤の投入時間を通常ボトルと比べて約半分以下にカット、手が汚れるリスクも少ないので、忙しい時間帯にも便利です。

キャップで計量する時間をカット! 投入口、気になる汚れにも洗剤を直接プッシュ。

<ポイント>
・プッシュする回数で洗剤量の調整ができるから、洗濯物の量に合わせて使用できるので経済的
・気になる汚れに洗剤を直接塗布するのも、プッシュボトルなら簡単

キャップで計量する時間をカット! 投入口、気になる汚れにも洗剤を直接プッシュ。

⇒スーパーNANOX プッシュボトルについて詳しく!

洗濯機のコース選びを活用した時短アイデア

【時短アイデア⑤】
スピード(お急ぎ)コースで洗いとすすぎ時間をカット!
洗剤選び、前処理で気になる汚れもきれいに。

スピード(お急ぎ)コースで洗いとすすぎ時間をカット! 洗剤選び、前処理で気になる汚れもきれいに。

軽めの汚れであれば、洗濯機のスピード(お急ぎ)コースを上手に活用するのもおすすめです。スピードコースは洗い時間が短め、すすぎも1回になるので、洗濯時間を標準コースより10~20分程短縮できます。洗濯物の汚れ具合や量に合わせて、スピードコースを上手に利用してみましょう。気になる汚れには、あらかじめ液体洗剤や酸素系漂白剤を直接塗布しておきましょう。

<ポイント>
・スーパーNANOXやスーパーNANOX ニオイ専用のように、短めの洗い時間でもしっかり汚れを落とす洗浄力と、すすぎ1回に対応した洗剤を選ぶのがおすすめ
・気になる汚れには、あらかじめ液体洗剤や酸素系漂白剤を直接塗布すれば汚れ落ちアップ

⇒気になる汚れに、液体洗剤や酸素系漂白剤を直接塗布する方法

毎日のことなので、ちょっとした時短が心の余裕にもつながることもあります。いつものお洗濯の手順に縛られずに、取り入れやすい時短アイデアから試してみてくださいね。

このページのトップに戻る