ライオン トップ ファンコミュニティ

今日を愛する。LION

お役立ち情報

冬は部屋干しがおすすめ! 外干しにはないメリットと、乾きにくさ、部屋干し臭、部屋の結露を防ぐコツ

冬は部屋干しがおすすめ! 外干しにはないメリットと、乾きにくさ、部屋干し臭、部屋の結露を防ぐコツ

冬は、外で洗濯物を干すのはおっくうですよね。寒いし、カラカラの空気で肌の乾燥も心配……それなら、部屋干しがおすすめです!

冬こそメリットの多い部屋干しは、寒い室内でも早く乾くように干し方を工夫するのがポイントです。今回は、乾きにくさを解決する干し方はもちろん、部屋干し臭、部屋の結露を防ぐコツもご紹介します。

冬こそ部屋干し! そのメリットは?

雪が多い地域にお住まいであれば、冬の洗濯物は常に部屋干しのご家庭も多いと思います。天候の影響を受けずに洗濯物が干せることや、寒い日に屋外で洗濯物を干したり、取り込んだりしなくて済むのは、冬の部屋干しの大きなメリットです。

また、冬場に気になるPM2.5、花粉といった汚れの付着から衣類を守れるのも嬉しいですよね。

洗濯物の乾きやすさは、温度の影響で決まる!

冬の部屋干しには、寒い季節特有の問題もあります。特に多いのは、洗濯物が乾きにくい! というお悩み。加湿器が活躍するほど、室内の空気はカラカラなのに、何故なんでしょうか?

洗濯物はセンイ中に含まれている水分が、周囲の空気中に移動することで乾いていきます。そのため、洗濯物が乾燥する早さは「湿度」「温度」「風」の3つの条件によって変わります。湿度は低いほど、温度は高いほど、風は強いほど、洗濯物は乾きやすくなりますが、乾きやすさに最も影響を与える条件はどれでしょう。

冬は湿度がそもそも低く、部屋の中では、ほとんど風がないことから、洗濯物の乾きやすさを決めるのは、「温度」の影響が大きいと考えられます。つまり、湿度は低くても、日照時間も短く温度が上がらない冬は、洗濯物のセンイ中の水分が蒸発しにくいため、洗濯物の乾きは遅くなってしまうのです。
⇒冬の洗濯物が乾きにくい理由。詳しくは

さらに、衣類が厚手になることも、洗濯物の乾きにくさに追い打ちをかけることから、冬は洗濯物が乾きにくいと感じるようです。

冬の部屋干しを早く乾かすコツ

冬の部屋干しの乾きにくさは、洗濯物の干し方で解決できます。洗濯物は早く乾くことで、部屋干し臭を抑えることもできます! 干すコツを覚えて乾燥時間を短縮しましょう。

<1. 風通しのいい場所に干そう>

なるべく風通しの良い場所に洗濯物を干します。部屋と部屋の間の鴨居(かもい)を利用したり、室内用の物干しを置くのもいいです。窓際のカーテンレールや部屋の隅は避けます。
⇒「部屋干し」に最適な場所ってどこ?

乾きやすい部屋に干すことも大切なポイントです。干す時間帯や、生活スタイルで最適な部屋は違いますので、以下を参考にしてください。

・「夜洗濯」派
リビングなど暖房をかけている部屋に干すのがおすすめです。暖房により室温が高い部屋に干すことで、洗濯物が早く乾きます。

・「日中の部屋干し」派
日中、家を空けている間に干すなら、日当たりのいい部屋を選びます。日差しがたっぷり入ることで、室温が上がりやすくなります。

<2. 効率的な干し方を工夫しよう>

洗濯物のセンイ中の水分がより蒸発しやすい干し方を工夫します。効率的な干し方で乾燥時間は短くなります。

・アーチ干し

アーチ干し
角ハンガーの両端に長い衣類を吊るし、中央に向かって短い衣類を吊るすことで、衣類の下にアーチ型の空間ができて、風が通ります。
⇒「アーチ干し」詳しくは

・ずらし干し

ずらし干し
シーツやバスタオルにおすすめ。裾をずらして干すことで、乾きにくい裾部分が重ならず、風があたりやすくなります。
⇒「ずらし干し」詳しくは

・筒干し

筒干し
布の重なりが多いズボンやスカートにおすすめ。筒状につるすことで、風の通り道ができます。
⇒「筒干し」詳しくは

<3. 家電を上手に利用しよう>

洗濯物が乾燥する早さに影響する3つの条件のうち、寒い室内では足りない「温度」「風」を家電で補うことで、洗濯物はより早く乾きます。暖房で室温を上げる、エアコンや扇風機、衣類乾燥除湿機などで衣類に風を当てるのが効果的です。
家電を上手に利用しよう

部屋干し臭を防ぐには抗菌洗剤がおすすめ

干している時間が長くなりがちな冬の部屋干しでは、部屋干し臭も発生しやすくなります。部屋干し臭を防ぐには、干している間に、原因となる菌を増殖させないことが大切です。

洗剤は除菌または抗菌効果の高い洗剤を選び、菌対策をしましょう。「すすぎ1回OK」の洗剤であれば、すすぎを1回にすることで、洗剤の抗菌成分が衣類に残りやすく、部屋干し臭を抑える働きがアップしますよ。

スーパーNANOX ニオイ専用は、さまざまな菌の増殖を抑えるプレミアム抗菌成分※が、部屋干し中はもちろん、着用中も48時間抗菌効果が持続します。もちろん「すすぎ1回OK」です。
※すべての菌に対して抗菌効果を有するわけではありません。

スーパーNANOX ニオイ専用
さらに、抗菌効果のある柔軟剤を併用するのも効果的!

スーパーNANOX ニオイ専用と組み合わせて徹底消臭をするなら、ソフラン プレミアム消臭が最強コンビ※です。極小の消臭成分がセンイの奥まで入り込んで、衣類をまるごとコーティングするから、しっかり消臭・防臭ができますよ。部屋干し臭はもちろん、部屋干し中の衣類に料理などのニオイが付くのが気になる方も安心。ぜひ、お試しください。
※タオルを用いた当社製品間での部屋干し臭に対する消臭実験において

ソフラン プレミアム消臭
好きな香りを楽しみたい方には、スーパーNANOX ニオイ専用ソフラン アロマリッチの組み合わせがおすすめです。抗菌効果でニオイを抑えつつ、香りが長く続くタイプなので、部屋干しをしているお部屋に柔軟剤のいい香りが広がるのを楽しめますよ。
ソフラン アロマリッチ

寒い季節の部屋干しは結露対策も忘れずに

冬の部屋干しといえば、結露も心配ですね。湿気を含んだ空気が、冷たい窓や壁などで冷やされて発生する結露。暖房をかけて部屋干しをすると、その部屋で発生した湿度の高い空気は、暖房をかけていない部屋に流れていき、表面温度が低い壁や窓で結露が発生しやすくなります。

結露を防ぐには、室内の空気を滞らせないのがコツです。部屋干しをしていない部屋も含めて、こまめな換気、天井や壁に設置されている換気口(空気の取り込み口)を全開にしておくなど、住宅内の空気が動きやすくなるよう心がけましょう。また、窓に貼る断熱シートなど、結露対策グッズを活用するのもおすすめです。

冬は家で過ごす時間も増えますよね。洗濯物で部屋がうっとおしい~なんてことにならないように、乾きにくさを解決する干し方を試してみてくださいね。

このページのトップに戻る